冬ざるる

骸の仔水替え忘れ冬ざるる
(むくろのこみずかえわすれふゆざるる)

 

骸(むくろ)は遺骨の意味を込めました。

冬ざるるは、冬の季語。
冬になり草木が枯れると共に
見渡す限りの景色が
荒れ果てた感じをいいます。

愛犬が逝ってしまってから
2週間になります。
日常は待ってはくれませんね。
容赦なく時間は流れてゆきます。
それは救いでもあり、
残酷でもありますが…

そんな中、
それまで毎日欠かしていなかった
お供えの水替えを
うっかり忘れたのです。

ショックでした。
あんなにも悲しみ、
この子がいなければ
生きられない…とまで
思っていた自分だったのにと。

瞬間、
荒涼たる思いに
襲われました。

ー冬ざるる