春雨

春雨に眉間撃たれ疼く海馬
(はるさめにみけんうたれうずくかいば)

 

一見物腰の柔らかい降り始めの春雨ほど
肌を鋭く刺すような衝撃を感じるのは
なぜでしょうか?

海馬(かいば)は脳内にある
記憶保持をつかさどる場所。

春は出会いと別れの季節。
まだ忘れられない記憶が
春の雨に打たれてじくじくと疼き出す。
ね、だから、記憶にだって傘は必要なのです。

About The Author

miu
「書くように撮り、読むように観る」をモットーに、
書く・撮る・読む・詠むを通じて、
季節やことば、そして内なる叡智とつながり、
森羅万象を思索してゆきたい。
この場がその一助となれば幸いです。

Archive List