冬晴れ

冬晴や穢れを知らぬ洗濯機

一昨日、12年生活を共にしてきた
洗濯機が壊れ、
今日、新しい洗濯機を迎えました。

我が家で一番年の若い家電です。

日頃、衣類の汚れを落とす役目を負っている
洗濯機ですが、
未使用の今は、無垢なまま。
一切の穢(けが)れを知りません。

カラっと晴れた冬空の下
明日の初仕事を楚々と待っています。

これから涙や汗の中に滲む穢れを
さらさらと洗い清めてくれることでしょう。

About The Author

miu
「詠むように撮り、書くように観る」をモットーに、
書く・撮る・読む・詠むを通じて、
季節やことば、そして内なる叡智とつながり、
森羅万象を思索しております。
あなたにとっても、
この場がその一助となれば幸いです。

Archive List