花の雲

花の雲阿弥陀と渡る心地かな
(はなのくもあみだとわたるここちかな)

 

「花の雲」とは桜がまるで湧き立つ雲のように
咲いている様を言い表した春の季語です。

和歌などにもよく詠まれており、
平安絵巻等にも描かれている光景です。

満開の桜の下を夢見心地で歩いていると
時々、「ここは本当に現世だろうか?」と
自分の頬をつねって
確かめたくなるような瞬間があります。

そんな神々しい時間を
阿弥陀来迎図に託して詠んでみたのが
この句です。

阿弥陀様と一緒に雲居を渡る心地だなんて・・・
ちょっと恐れ多いですが、
私にとってはそれほどに
桜時間は夢うつつなひと時なのです。

About The Author

miu
「詠むように撮り、書くように観る」をモットーに、
書く・撮る・読む・詠むを通じて、
季節やことば、そして内なる叡智とつながり、
森羅万象を思索してゆきたい。
この場がその一助となれば幸いです。

Archive List