Haiku | Photo philosophia

Category
並べ替え
木下闇(こしたやみ)

木下闇(こしたやみ)

下闇にのっぺらぼうの輝けり (したやみにのっぺらぼうのかがやけり) 別名、下闇(したやみ)、 青葉闇(あおばやみ)、 緑陰(りょくいん)とも言い、 夏の木立がうっそうと茂って、 昼ですら暗い様子を表します。  ...
天満宮の落椿

天満宮の落椿

落椿白む鳥居の際立てり (おちつばきしろむとりいのきわだてり)   いつも散歩にいく天満宮。 手水舎の裏側になんとなく回り込むと そこには目を見張るほどの艶やかな光景が 広がっていたのでした。 地面に散った紅椿...
花の雲

花の雲

花の雲阿弥陀と渡る心地かな (はなのくもあみだとわたるここちかな)   「花の雲」とは桜がまるで湧き立つ雲のように 咲いている様を言い表した春の季語です。 和歌などにもよく詠まれており、 平安絵巻等にも描かれて...
春雨

春雨

春雨に眉間撃たれ疼く海馬 (はるさめにみけんうたれうずくかいば)   一見物腰の柔らかい降り始めの春雨ほど 肌を鋭く刺すような衝撃を感じるのは なぜでしょうか? 海馬(かいば)は脳内にある 記憶保持をつかさどる...
花薺

花薺

来し方を讃えるように花薺 (きしかたをたたえるようにはななずな)   来し方とは過去、過去の日々のこと。 花薺は春の季語。 ぺんぺん草と言う 呼び方の方が 親しまれているかも 知れません。 春の田に咲いた 無数...
春の虹

春の虹

利き足のヒール取られて春の虹 (ききあしのヒールとられてはるのにじ)   普段から、割と虹を見逃すことが多く、 友人たちがSNS等で「虹が見えた!」と 写真をアップしているのをもっぱら 指をくわえて眺めてばかり...