Abstract | Photo philosophia

Category
並べ替え
春塵

春塵

春塵に三歩下がって追う背中 (しゅんじんにさんぽさがっておうせなか) ローム層の関東地方は 冬は雨が少ないために 春先の大地は乾いて砂ぼこりが立ちやすい。 春の強い風に煽られて起こる砂嵐のことを 春塵といいます。 &nb...
よだかの星

よだかの星

そしてよだかの星は 燃えつづけました。 いつまでも いつまでも 燃えつづけました。 宮澤賢治 『よだかの星』より   『よだかの星』の ラストシーンを 写真で描いてみました。 賢治の筆の力には 遥かにおよびませ...
冬が霞みはじめた

冬が霞みはじめた

  霞(かすみ)といえば春の季語です。 では、霞んでいる本体はいったい 何なのだろう?と考えたとき、 冬、それも、ありとあらゆる 冬の気配なのかな?と思うのです。 淡くて朧な霞の中で起きている化学変化って 実は...